M字型の薄毛対策に取り組んでいます

父親のDNAが遺伝したのだと思いますが、30歳代の半ばとなった髪が気になるようになりました。額の髪の生え際が後退してきているのです。30歳代に入 る少し前くらいから前髪が細くなり、よく抜けてしまうようになりました。そして、気づくと額の髪がM字型に薄くなってしまいました。この薄毛の形も父と同 じなので、父の薄毛DNAが遺伝したに違いないと思っています。

父に訊ねてみたところ、父も30歳代の半ばあたりから生え際が後退してきたと言っていまし た。60歳代に入っている父は前頭部が完全にハゲ上がってしまっています。このまま何もしないままでいると私も将来は父の頭のようになるに違いありませ ん。遺伝なら避けようはないのかも知れませんが、かと言って何もしないままハゲたくはないと思い、私も育毛剤を使い始めています。

ネットショップで育毛剤 を探してみたところM字型専用の育毛剤があったので試しにそれを買って使っています。額に使う育毛剤なので育毛液が垂れて来ないよう液に少し粘り気があり ます。若干ベトつく感じはありますが、それだ育毛液が留まってくれているので効果が期待できるのではないかと思っています。この育毛剤を使い続けることで 父のハゲDNAに対抗できるのか判りませんが、今は出来ることはやってみようという気持ちで育毛に取り組んでいます。

40代になってハゲてきたのでフィンジアという育毛剤を使いました

私は40代になってから部下が増えてきました。部下が増えてきてからは毎日部下の面倒を見なくてはならなかったので、それがストレスになっていきました。

私はストレスを発散させることなく毎日を過ごしていたのですが、ある日髪の毛が抜けるようになっていきました。しかし私は何も対策をしなかったのです。私 は毎日髪の毛が抜け落ちるようになってしまったので、大変ショックを受けました。やはり髪の毛がなくなっていくことで、私は自信を無くしてしまいかけてい たのです。このままでは自信がなくなってしまい覇気がないような人間になってしまうと思ったので、私は育毛剤を使ってから髪の毛を増やしていくことにしま した。

髪の毛を増やしていくためには、できるだけ良い育毛剤を使いたいと思いました。そこで私は、フィンジアという育毛剤を使っていきました。

私は今まで にフィンジアを使ったことがなかったので、どれくらい効果があるのか楽しみだったのです。実際にフィンジアを使っていくと頭皮が刺激されて、かなり髪の毛 が生えていきました。そして髪の毛がフィンジアを使い始めてから9か月でふさふさになったのです。だから、フィンジアは育毛効果があると言えます。

発毛剤と育毛剤の特徴

薄毛を対策する方法としてよく聞かれるのが発毛剤と育毛剤ですが、発毛剤と育毛剤は何が違うのか分からない人も少なくないでしょう。発毛剤と育毛剤は同じように見えたりもしますが、効果はそれぞれ違ってくるので発毛剤と育毛剤の両方の特徴を見ていく事にしましょう。

発毛剤は抜け落ちてしまった髪の毛を新しく発毛させるという効果があります。発毛剤に含まれている成分は毛母細胞を活性化したり細胞分裂したりする働きが あるので発毛効果が期待出来ます。そのため発毛剤を使用する時は薄毛がかなり進行していて発毛させなくてはいけないという時に使用します。

育毛剤は髪の毛の成長を促していく成分が含まれているので抜け毛を抑える効果があります。育毛剤の成分が頭皮全体に浸透すると血行が良くなってきて頭皮環 境が整ってきます。そのため抜け毛を抑える事に繋がっていきます。育毛剤を使用する時は抜け毛の予防が目的なので薄毛が気になりだした時などに使用しま す。

発毛剤も育毛剤も種類が多いので中には強い刺激を与えてしまう商品もあります。そのため副作用が出てしまうという事も考えられるので自分の頭皮に合った発 毛剤や育毛剤を選んでいく事が大切になってきます。使用する前にパッチテストをして自分の頭皮に合うのかどうか確認してから使用するといいでしょう。

1 2 3 4 7